読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃山堂ブログ

豊臣秀吉の<謎>、火山と古事記の探究、電子書籍への挑戦。

アマテラス・火山・原子力

火山 古事記

東日本大震災の直後に書いた古いメモを見ていたら、「アマテラス・火山・原子力」という文字列がありました。ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』みたいです。というかパクリ。

実現することのなかったボツ企画ではありますが、桃山堂から刊行した『火山と日本の神話』、私の個人名義で出版する『火山で読み解く古事記の謎』の元ネタのようなものなので、自己の活動記録のためにも、本日はこの幻の企画について書いてみます。

 

アマテラスの警告

二〇一一年三月東日本大震災のあと、「ひとり編集会議」をした記録として、書いたメモだとおもわれます。

自分が書いたメモを引用マークで囲むのも変な気がしますが、書いた記憶も乏しいメモですから、半ば他人の文章です。なぜか、本の帯につけるコピーのような文章まで書いています。 

「アマテラス・火山・原子力

世界を闇につつむ巨大な噴火はかならず来る。
アマテラスは警告する。
忘れてはいけないと。

 

 次のメモは、本のタイトル案とサブタイトルだとおもわれます。

 

アマテラスの警告    火山の国の遙かな記憶

アマテラスの警告    巨大噴火をめぐる神話的記憶

アマテラスの警告    火山列島の十万年と原子力発電の十万年

 

 

自分のメモを解説するのも変な話ですが、「アマテラスの警告」というタイトルで何を言わんとしているかというと、巨大な火山噴火が起きると原子力発電所が危ないという話です。

具体的にいうと、鹿児島県川内原発の安全性をめぐる議論があり、訴訟にもなっているのですが、そこで火山の巨大噴火にともなう危険性がポイントのひとつとなっています。

姶良カルデラ」というと馴染みが薄いかもしれませんが、簡単にいうと、桜島あたりで生じた巨大噴火が議論の対象であり、三万年まえの噴火と同じクラスの噴火が起きた場合、川内原発の安全性は確保できるのかという議論です。

f:id:kmom:20170312162742j:plain

桜島姶良カルデラの巨大噴火のあと、カルデラの南縁部に出現した火山。鹿児島湾そのものがカルデラの外輪山と重なっている。

 

私は九州出身なので、川内原発のニュースは気になるのですが、東京の新聞、テレビでは地味なローカルニュースという扱いです。

 

鹿児島県議会ではたいへんな問題になっているのですが、国会レベルではそれほど大きな議論になることなく、やりすごされています。

 

上記の企画メモは、アマテラスを担ぎ出して、九州(あるいは日本列島)における原子力発電の危険性を訴えることはできないか──ということだったのだと思います。

思います、などと他人事のようですが、六年前のことなので、自分のメモながら推測まじりです。

 

アマテラスの神話は巨大噴火に由来するという説

 

どうして、東日本大震災の直後のメモにうわごとのように、アマテラス、アマテラス、アマテラスと書き連ねているのかというと、アマテラスが岩屋に隠れて永遠の夜がつづくという「岩戸神話」が、巨大な火山噴火の噴煙によって太陽が隠されたことを物語化したものだという話を聞いたことがあったからです。

 

私自身は政治的な主義主張とは無縁の人間ですが、日本列島しかも九州のような火山集積地に原発が存在することには強い疑問を感じています。

 

東日本大震災の直後の異様に社会的緊張のなかで、それが顕在化して、このようなメモがのこったのだとおもいます。

 

でも、『アマテラス・火山・原子力』、『アマテラスの警告』は本の形となることはなく、私のパソコンのなかにボツ企画として埋もれてしまいました。

 

その理由はいくつかあります。

いちばんの理由は、原子力発電をめぐる人間世界の論争に、神さまを引っぱり出すことは、良くないことではないかという気持ちに傾いたからです。

 

その後、紆余曲折があり、このボツ企画の延長のような、そうではないような微妙なところですが、『火山と日本の神話──亡命ロシア人ワノフスキーの古事記論』という本を、二〇一六年二月、桃山堂から刊行しました。

 

その続編的な性格もあるのですが、文春新書として刊行される『火山で読み解く古事記の謎』がようやく完成し、落ち着いて読み返してみると、ボツ企画の痕跡のようなものが残っていました。

もっとも、「アマテラスの警告」というような力強いものではありません。

アマテラスは、聞こえるか聞こえないくらいの小さな声で、「だいじょうぶ?」とささやいているだけです。

 

6年まえの3月11日、国立国会図書館の机の下でいろいろ考えたこと

出版業界 火山

二〇一一年三月十一日午後二時四十六分、あの地震が起きたとき、私は東京・永田町にある国立国会図書館で、ちまちまとした調べものをしていました。文春新書『火山で読み解く古事記の謎』を書くことになったそもそもの発端は、あの地震にあるのですから、きょうはそのことを書いてみます。

 

二〇一一年当時の私の状況はというと、桃山堂という会社を設立したものの、一冊の本もまだ出しておらず、いくつかの企画を同時に進めていたときでした。

 

国立国会図書館でしか見ることのできない本や史料が多く、そのころは週に二回くらい行くこともありました。

そのころ、日常生活における大半の時間は、仕事場にしている自宅のパソコンのまえにいるか、国立国会図書館で資料を見ているかでしたから、大震災が起きたとき、その二つのうちのひとつ、国立国会図書館にいたということです。

 

地震が起きた瞬間、床が波打つような、経験したことのない激しい揺れだったので、これは首都直下型の巨大地震で、このまま死ぬのかなとおもいました。

古今東西の名著、珍著とともに、国立国会図書館で死ぬのは悪くはない気もしましたが、小さな出版社を立ち上げたものの、一冊の本もまだ出しておらず、いくつかの企画を同時に進めていたときでしたので、そのことについては少し残念だなともおもいました。

ほとんどの人がテーブルの下に身を隠したあと、

「当図書館は貴重な文献や資料を保存するため、きわめて強固な構造になっています。安心して館内で待機してください」

という放送が流れたのですが、その声はかすかに震えており、かえって不安な気持ちが募りました。

 

もし、あの大震災のとき、国立国会図書館ではなく、自宅のパソコンのまえにいたらと考えます。

まず、テレビで地震の状況を知り、次いでパソコンで詳細を調べたはずです。

そうすると、あの日の記憶はテレビの映像にまつわるものであったはずです。

 

ところが、たまたま、確率的には小さいはずの国立国会図書館にいたことによって、私自身の三月十一日の記憶に、テレビ映像の要素はまったくありません。

 

そのころはまだスマホではなくガラケーでしたから、電話経由の画像情報もなく、激しい余震が来るたびに、机の下にもぐることを繰り返しつつ、図書館で待機するという時間がつづきました。

ときおり流れる館内放送が、最大の情報源でした。

 

今かんがえると、国立国会図書館の六階の食堂に行けばテレビを見ることができたのではないかと思うのですが、思考停止していたのか、そうしませんでした。

それとも、そうできない事情があったのでしょうか。

 

余震はおさまったものの、地下鉄が復旧する見込みはないことがわかり、午後四時半ごろ、自宅のある練馬を目指して歩き始めました。

六時間くらい、かかったとおもいます。

 

だから、六年まえの三月十一日にまつわる私の記憶は、国立国会図書館の机の下に隠れていたことと、自宅をめざして多くの人たちとともに巡礼のように黙々と歩き続けたことだけです。

 

いくつかの偶然が重なった結果として、『火山で読み解く古事記の謎』という本を出すことになったのですが、あの日、自宅ではなく、国立国会図書館にいたという偶然も、そのひとつだとおもいます。

 

図書館から自宅まで六時間をかけて歩いたことによって、あの地震の記憶が肉体化しているというか、ものすごく鮮明な記憶がのこっています。

 

 あの大震災を体験するまで、日本列島が地震と火山に宿命づけられ、その歴史や精神文化が地質的な条件と深く結びついているのではないだろうかということなど考えたことはありませんでした。

だから、『火山で読み解く古事記の謎』という本の企画がスタートしたのは、二〇一一年三月十一日、国立国会図書館のテーブルの下であったといえます。

個人が本屋さんになることのできる時代は、もうそこまで来ている

出版業界 電子書籍

電子書籍にかかわるニュースは、できるだけウォッチするようにしていますが、「じぶん書店」のニュースは最近で、いちばん想像力を刺激されました。

スマホ一台あれば、誰でも、書店主になれるというサービスを、講談社とメディアドゥがはじめるそうです。以下の記事は日経新聞のニュースです。

 

講談社は9日、メディアドゥと共同で個人が電子書店を開いて講談社作品を販売できるサービス「じぶん書店」を4月に始めると発表した。3万2千点の作品から選んだタイトルの推薦コメントを入れるだけで電子書店を無料で開設できる。本が売れると販売額の1割の「コイン」がもらえ、他の電子書籍の購入などに使える。将来は他の出版社や動画音楽作品も加える。

利用者がSNS(交流サイト)でシェアをして電子書店を宣伝する。シェアされた作品はブラウザ上で試し読みできる。

 

旧来の出版システムでは、プロの編集者、プロの書き手がつくった本を、プロの書店員が売って、一般の人は本を読むだけという位置づけでした。

そうした構造は、完全に流動化していることが、このニュースでより鮮明になりました。

 

「アマチュア書店員」は、なかなか面白そうで、ごく単純にやってみたいなとおもいます。

アマゾンなどがやっているアフィリエイトに毛のはえたようなものだという評価は当然あるでしょうが、①講談社がやるということ ②一割が「じぶん書店」の取り分──というところにニュースバリューがあります。 

 

株式会社メディアドゥ | メディアドゥ、講談社の「じぶん書店」へ電子書籍配信ソリューションの提供を開始

ロシアの革命家にして、早稲田大学の教師──A・ワノフスキー

古事記 火山

アレクサンドル・ワノフスキー(一八七四~一九六七)というロシア人が、戦前から戦中期まで、早稲田大学でロシア語やロシア文学を教えていました。私が文春新書『火山で読み解く古事記の謎』を書くことになったそもそもの原因は、ワノフスキーにあるのですから、まず、ワノフスキーとは誰なのかを申し上げる必要があります。

 

f:id:kmom:20170310210040j:plain

 

日本ではもとより、ロシアでもA・ワノフスキーの名を知る人はほとんどいないはずですが、彼は一種の歴史上の人物です。

ロシア語のウィキペディアには、A・ワノフスキーの項目があって、経歴が書かれています。

Ванновский, Александр Алексеевич — Википедия

 

箇条書きで、まとめてみると、以下のような人物です。

① レーニンなどと行動をともにしていたロシアの革命家

② 途中で革命運動に嫌気がさして離脱。

③ 日本に亡命して、早稲田大学で教師生活。

 

日本語で出版された本が一冊だけあります。

元々社という今は存在しない出版社から一九五五年(昭和三十年)に刊行された『火山と太陽──古事記神話の新解釈』という本です。

このとき、ワノフスキーは八十一歳。早稲田大学の教員をやめて、何年もあとのことでした。

 

私が個人営業している出版社は二〇一六年一月、『火山と日本の神話──亡命ロシア人ワノフスキーの古事記論』という本を出しましたが、この本はワノフスキーが書いた『火山と太陽』のほぼ全文を掲載するとともに、ワノフスキーの評伝、ワノフスキーの古事記論についての識者による解説などを盛り込んでいます。

 

古事記神話のなかに、火山の記憶を見た人はワノフスキーがはじめてというわけではありません。

 

もっと早い時期、物理学者の寺田寅彦は、スサノオヤマタノオロチの物語などを火山の神話化したものだという論考「神話と地球物理学」を発表しています。

 

火の神カグツチを出産したあと、死に至るイザナミの物語については、多くの人が火山的な要素があると言っています。

 

ワノフスキーの古事記論がユニークなのは、古事記の最も深いところにあり、その骨格をなしている神話は、日本列島に住む人びとの火山についての記憶にもとづいていると断じていることです。

 

文春新書『火山で読み解く古事記の謎』という本は、ワノフスキーの説を出発点として、それを検証するため、火山と古事記の現場を歩きまわったルポルタージュ的な古事記本です。

 

日本語の能力も十分ではない亡命ロシア人が五〇年もまえに書いた本ですから、細部においてさまざまな誤認や間違いがあるのは仕方がないとおもいますが、ワノフスキーの古事記論のフレームワークはとても魅力的であり、真実に触れているとおもいます。

 

何回かにわけて、ワノフスキーの古事記論について書いてみることにします。