読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃山堂ブログ

豊臣秀吉の<謎>、火山と古事記の探究、電子書籍への挑戦。

電子書籍の立ち読みリンク ── 実験的プロジェクトに参加します。 

電子書籍の立ち読み、試し読みはすっかり定着していますが、このほど、フライングラインという会社がおこなっている「立ち読みリンク」の実験的なプロジェクトに参加することになったのでその報告です。

 

 電子書籍シリーズ「秀吉伝説集成」の試し読み

 

百聞は一見にしかず。まずは、どれかの「立ち読みリンク」を見ていただければ、ありがたいです。弊社刊行の電子書籍シリーズ「秀吉伝説集成」の中身紹介です。

 

『秀吉と翼の犬の伝説』

https://yondemill.jp/contents/20631?view=1&u0=3

『古墳と秀吉』

https://yondemill.jp/contents/20670?view=1&u0=3

尾張中村日の宮伝説』

https://yondemill.jp/contents/20669?view=1&u0=3

豊臣秀吉の系図学』

https://yondemill.jp/contents/20671?view=1&u0=3

黒田官兵衛目薬伝説』

https://yondemill.jp/contents/20672?view=1&u0=3

 

 

電子書籍の立ち読みは、アマゾンキンドルをはじめとして、多くのストアでやっていますが、この立ち読みリンクが、私が自分で長さを決めて作成し、このブログにはりつけています。

フライングライン社が提供しているyondemilというサービスをつかっています。

出版社側が支払う料金は発生しません。

 

 試し読みは途中までで、そのあとは有料という仕組みも基本的にはほかと同じだとおもいますが、この立ち読みリンクの場合、パソコンのブラウザーで、そのまま全部、読めてしまうということがセールスポイントのひとつだとおもいます。

 

正直なところ、立ち読みでもいいから、読んでいただければとありがたいとおもい、通例よりは、多少、長めの立ち読み範囲にしております。ぜひ、お目通しください。

 

著者のブログなどを〝お店〟にしてもらう

 

この仕組みがおもしろいのは、本の著者など関係者がやっているブログ、ウェブサイトにリンクをはってもらえれば、そこが、もうひとつの販売窓口になるということです。

 

豊臣秀吉の系図学』の著者の日本家系図学会会長、宝賀寿男氏たちのグループが運営しているウェブサイトに、豊臣秀吉の系図学』の立ち読みリンクをはっていただきました。

http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/kousin-rireki.htm

古代氏族から中世の武家系図にいたるまで、系図関係の情報が満載のサイトなので、興味ある方はそちらの中身のほうもご覧ください。

 

弊社のような知名度のとぼしい出版社が電子書籍を出すうえでの最大の問題は、アマゾンキンドルに登録しても、完全に埋没して、関心をもってくれそうな人にもなかなか届かないという問題です。

 

著者のブログ、サイトに立ち読みリンクを載せるということは、とりあえず、関心をもってくれそうな人に情報を届ける有力なツールにはなるとおもいます。

 

以下のサイトに、サービスのことが紹介されています。

 

news.yondemill.jp