桃山堂ブログ

歴史、地質学、伝承と神話

伊勢地方の「朱の歴史」がわかる二つの資料館

奈良と伊勢は日本列島における二大朱産地といっていいと思いますが、残念ながら、奈良には「朱の歴史」がわかる博物館、資料館がありません。文春新書『邪馬台国は「朱の王国」だった』に関係する話題を紹介する企画の第四回は、伊勢地方にある二つの博物館の案内です。

 

 

中央構造線に沿って点在する伊勢地方の朱産地

伊勢地方の朱の鉱床は東西二六キロ、松阪市から丹生神社と鉱山跡のある多気町を経て、伊勢神宮のある伊勢市におよんでいます。

中央構造線の南北それぞれ一キロくらいの範囲に鉱床が集中しています。

奈良県の朱産地と同じく、千五百万年まえの巨大な火山活動にともなう熱水鉱床です。

 

伊勢地方で朱の鉱石が確認されているエリアのいちばん東端にあるのが、伊勢市辻久留で、そこは伊勢神宮の外宮(げくう)の隣接地といってもいい場所です。

f:id:kmom:20180709175910j:plain

乱雑なこの原案をもとに、編集者さんとデザイナーさんが、きちんとした地図にまとめてくれました。

この地図で提示したかったことは、

伊勢神宮が朱産地のごく近くに鎮座していること

伊勢神宮が朱の鉱床をつくった中央構造線のほぼ真上に鎮座していること

です。

 

この事実はかねてより指摘されていることですが、この事実が持つ意味については、過小評価されているのではないでしょうか。

 

グーグルマップの上で見れば、中央構造線伊勢神宮の位置関係は明らかです。 

www.google.com

伊勢市の隣、度会町にある「朱の博物館」

三重県度会町伊勢市に隣接する小さな自治体ですが、「朱」(辰砂、硫化水銀)をメインテーマとする博物館があります。

度会町ふるさと歴史館です。

「度会町ふるさと歴史館」について | 度会町公式ホームページ

 

f:id:kmom:20180709091537j:plain

 

伊勢神宮から西に約十キロ、「森添遺跡」という縄文時代の後期末から晩期にかけての遺跡があります。

この遺跡の発掘調査によって、朱石を磨りつぶすための石器、朱の鉱石、朱で内部が真っ赤に染まった土器が大量に発見されました。

 

f:id:kmom:20180709091713j:plain

朱の鉱物(辰砂)を磨りつぶして、粒子状の朱とする。

 

f:id:kmom:20180709091612j:plain

縄文時代から、このような道具で、朱の粉をつくっていた。

左側の石の、赤い部分が、朱(辰砂)のかたまり。

 

 

f:id:kmom:20180709091843j:plain

森添遺跡の発掘調査の責任者だった奥義次氏は、朱の考古学の第一人者。

度会町ふるさと歴史館の運営にもかかわっています。

 

f:id:kmom:20180709091855j:plain

f:id:kmom:20180709091905j:plain

森添遺跡が注目される理由は、東北地方、三河地方など、他地域の系統の縄文土器が見つかったからです。

奥氏をはじめとする研究者は、伊勢に産出する朱を求めて、日本列島各地の人たちがこの地を訪れていると解釈しています。詳細を知りたい方は、奥先生が執筆している『三重県史 通史編 原始・古代』の関連項目をご覧ください。

 

<朱の道>は縄文時代から、伊勢から各地にのびていました。

伊勢神宮の信仰、アマテラスの歴史は縄文時代から存在した──というのは早計であるとしても、まったく無関係とも断じがたいところがあります。

  

f:id:kmom:20180709091921j:plain

f:id:kmom:20180709091932j:plain

 

廃校を利用したミニ博物館

度会町ふるさと歴史館は、児童数減少により廃校となった旧小川郷小学校を再活用するための施設です。

 

f:id:kmom:20180709092002j:plain

f:id:kmom:20180709092011j:plain

f:id:kmom:20180709092030j:plain

もとの職員室が、資料館の事務室に。

今も先生たちの話し声が聞こえてきそうです。

 

f:id:kmom:20180709092035j:plain

 

 

度会町ふるさと歴史館の開館日は、限られているので、もし、お出かけなさるときはご注意を。

 

開館日は、毎週木曜日、毎月第2、4日曜日の午前9時から午後4時(入館は午後3時30分まで)*第5木曜日と年末年始を除く

 

丹生鉱山のある多気町の資料館

戦後の昭和期まで朱を採掘していた丹生鉱山、丹生神社のある三重県多気町。

町立図書館のなかに、「朱の歴史」をテーマのひとつとする「勢和郷土資料館」があります。

 

f:id:kmom:20180709092045j:plain

昭和期のものですが、採掘用の道具。

 

f:id:kmom:20180709092053j:plain

f:id:kmom:20180709092101j:plain

みごとな朱の鉱物(辰砂)が展示されている。

 

f:id:kmom:20180709092107j:plain

伊勢の朱産地は、室町時代ごろ、古代的な技術では採掘が困難となり、中断していた。昭和期に採掘を再興したひとり、北村覚蔵についての紹介。

f:id:kmom:20180709092112j:plain

 

 もうひとつの見所、中央構造線

 三重県多気町には、「朱の歴史」にかかわるもうひとつの重要サイトがあります。

中央構造線の露頭です。

伊勢地方の朱の鉱床は、千五百万年の巨大な火山活動で生じた熱水が、中央構造線およびそこから分岐する大地の亀裂に入り、凝結し、優良な鉱床となったと理解されています。

 

f:id:kmom:20180709103211j:plain

f:id:kmom:20180709103216j:plain

左は花崗岩質の領家帯。右の黒っぽいほうは三波川帯。

ふたつの地層の境界線が、日本列島を横断する巨大な断層となり、伊勢と奈良では朱の鉱床をうみだしています。

f:id:kmom:20180709103220j:plain

中央構造線であることを示す看板などは出ていないので、うっかりしていると、見すごしてしまいます。

こちらも、お出かけの際は、多気町役場などにご確認ください。

 

 

 

 

邪馬台国連合のナンバー2、伊都国に漂う濃厚な朱の気配

2世紀から3世紀にかけての日本列島には、邪馬台国を盟主とする連合国家があったことが、「魏志倭人伝」にしるされています。

30か国ほどの連合国家のうち、ナンバー2といえるのが伊都国(いとこく)です。福岡県糸島市にあたることが確実視されているのは、この時代の糸島市エリアは、突出した繁栄の痕跡をのこしているからです。

 

全国でも唯一(?)、高校付属の歴史博物館

 文春新書『邪馬台国は「朱の王国」だった』の取材のため、九州各地を歩きましたが、朱にかんする遺物を最も多く見ることができたのは県立糸島高校(福岡県糸島市)に付属する博物館でした。この事実は、伊都国が朱の歴史にふかく関与していたことと無関係ではないはずです。

 

f:id:kmom:20180705092116j:plain

糸島高校の校舎のなかに、国の法律(博物館法)の基準を満たした博物館があります。

一般公開はされていないので、見学には事前の電話予約が必要です。

 

f:id:kmom:20180704112405j:plain

 f:id:kmom:20180704112420j:plain

 

f:id:kmom:20180704112124j:plain

古墳内部から出土した朱とともに、「朱一匁、金一匁」という言葉が紹介されています。

朱(辰砂、硫化水銀)で品質の良いものは、金に匹敵する価値があったということを物語っています。

f:id:kmom:20180704112152j:plain

甕棺の内部は朱で彩られている。

f:id:kmom:20180704112530j:plain

朱で彩色した壺。

f:id:kmom:20180704112213j:plain

銅鏡にまで朱が塗られている。

f:id:kmom:20180704112350j:plain

朱の鉱物を磨りつぶして、粉状にするための道具。

f:id:kmom:20180704112628j:plain

古墳に敷きつめられていた粒子状の朱。

 

 

伝説の考古学者、原田大六

 

 

糸島高校の前身となる旧制中学の卒業生である原田大六氏は、在野の考古学者ですが、弥生時代の研究では全国に知られた存在でした。

古代史好きの人にはお馴染みの<伝説の考古学者>です。

 

 

f:id:kmom:20180704112433j:plain

 

糸島高校に「歴史部」というクラブ活動があり、原田氏の発掘調査にも協力しながら、教師と生徒たちが、独自に考古学の発掘調査をすすめていました。

 

今では考えられないことですが、戦後しばらくのあいだ、地元の自治体に考古学の調査をおこなう体制が整っていなかったからです。

その成果がこの博物館の展示物です。

f:id:kmom:20180704112426j:plain

f:id:kmom:20180704112448j:plain

糸島市立伊都国歴史博物館のまえに、原田大六氏の銅像がありました。

<伝説の考古学者>は郷土の偉人です。

f:id:kmom:20180704112906j:plain

弥生時代の墳墓である平原遺跡一号墳、いわゆる「平原王墓」です。

この遺跡の発掘調査の責任者が原田大六氏でした。

 

三十枚を超える銅鏡が出土し、そのなかには全国最大の大鏡もふくまれています。

副葬品から埋葬者は女性であるとみられており、九州の考古学者、高島忠平氏は、卑弥呼の墓である可能性にも言及しています。

 

この墳墓の内部も、朱(辰砂)によってみたされていました。

伊都国に漂う朱の気配は濃厚です。

 

(糸島高校の博物館は、校舎内ですが、事前に電話予約をしておけば、見学できるそうです)

 

 

古墳時代に大流行した「朱(あか)い墓」

文春新書『邪馬台国は「朱の王国」だった』でとりあげた話題を、写真をつかって紹介する企画の第三回は「朱の墓」です。

 

前方後円墳をはじめとする豪華な古墳を特徴づけるひとつとして、朱(辰砂、硫化水銀)による装飾があります。

「朱一匁、金一匁」という言葉もあるとおり、古代における朱はマネー的な価値をもっていましたから、朱をぜいたくに使った埋葬空間は、ありあまるような朱の存在と圧倒的な「富」を実証するものです。

  

f:id:kmom:20180704095229j:plain

これまで発掘調査がなされた古墳の内部空間のうち、最も大量の朱が確認されているのが、上の写真の桜井市外山の桜井茶臼山古墳です。

(石室内部の写真は、奈良県橿原考古学研究所提供)

 

石室は、高さ一・七メートル。四角い石がレンガ状につみあげられ、その全面が朱で覆われていました。

一九四九年の奈良県教育委員会による調査の報告書では、「石室を構成する大小石材のすべてを全面的に多量の朱彩があって、壁面として露われない部分にまで塗抹され、全く美麗にして我が国竪穴式石室の現存するものの中、最も貴重な一つとして考えられる」と熱気をおびた口調で、内部のようすを伝えています。

 

二〇〇九年の再調査によって、石室に使用された朱の量が、二〇〇キロを超えることが判明しています。

f:id:kmom:20180704095242j:plain

f:id:kmom:20180704095255j:plain

 

f:id:kmom:20180704095300j:plain

 

 

f:id:kmom:20180704095643j:plain

茶臼山古墳多武峰を中心に広がる朱の山のふもとにあり、山すその微高地をいかして前方後円墳が築かれています。

全長二〇七メートル。その大きさは天皇陵に匹敵する規模ですが、埋葬者は不明です。

 

f:id:kmom:20180704095703j:plain

桜井駅から歩いて十五分程度です。

遊歩道というほど整備されたものではありませんが、古墳のまわりをめぐり、墳丘のうえを歩くこともできます。

残念ながら、朱に彩られた石室内部を見ることはできません。

 

 

 

 

f:id:kmom:20180704095331j:plain

こちらの「朱の墓」は、復元されたものです。

奈良県天理市の黒塚古墳の内部状況を、隣接する資料館で復元展示しています。

もっとも、この古墳では、朱(辰砂)だけでなく、色合い、経済価値ともに劣るベンガラ(酸化鉄)の赤も使われていたそうです。

f:id:kmom:20180704095336j:plain

黒塚古墳は三十枚を超える三角縁神獣鏡が出土し、「卑弥呼の鏡では?」と、たいへんな話題になったところです。

 

f:id:kmom:20180704095354j:plain

防犯上の理由で、この資料館にあるのはレプリカ。

本物は橿原考古学研究所にあるそうです。

f:id:kmom:20180704095350j:plain

 

丹生の地名と朱産地

文春新書『邪馬台国は「朱の王国」だった』(7月20日発売)のスタート地点であり、最も頼りになる道しるべは、丹生(にう、たんじょう)という地名は、古代の朱産地である可能性が高いという学説です。

一九七〇年に刊行された松田壽男氏(早稲田大学教授、東洋史家)の『丹生の研究』によって提示され、現在はほぼ定説化しています。

 

『丹生の研究』は、邪馬台国ヤマト王権の歴史を直接のテーマとはしていませんが、神武天皇の伝説の舞台が奈良の朱産地と重なっていることをクローズアップしています。

『丹生の研究』が発表されたあと、奈良の朱産地が話題にされるときは、近畿説の場合の邪馬台国をふくめて、奈良盆地における古代国家の動向が必須の論点となっています。

 

「丹生」の地名は全国四十か所以上にあるそうですが、丹生地名に丹生神社があり、古代からの朱産地があるという代表的な事例は、三重県多気町の丹生地区です。

 

この神社の近くに、昭和期まで稼行していた丹生水銀鉱山があります。

f:id:kmom:20180702165820j:plain

f:id:kmom:20180705121825j:plain

神仏混淆の歴史をとどめ、丹生神社に隣接して、真言宗の寺院があります。

f:id:kmom:20180702173127j:plain

朱の考古学の第一人者、奥義次氏(三重県在住)に案内していただき、そのあと、レクチャーを受けました。

 

f:id:kmom:20180702173140j:plain

f:id:kmom:20180702173150j:plain

二メートルちょっとの高さのトンネル状の採掘跡。

これは古代の採掘跡ではなく、昭和時代の鉱山の跡です。 

 

 

大分県は朱産地の多い九州のなかでも、最大の朱産地です。大分市にも丹生神社があります。

f:id:kmom:20180702165903j:plain

 

 

こちらは佐賀県嬉野町の丹生神社。市内七か所に丹生神社があります。

嬉野市は「九州西部鉱床群」と呼ばれる朱産地の集積地の一角です。

f:id:kmom:20180702165942j:plain

 

 

 

f:id:kmom:20180702170005j:plain

 

滋賀県米原市にも、丹生の地名があり、丹生川が流れています。

 

f:id:kmom:20180702170030j:plain

 

滋賀県には朱の採掘にかんする記録はありませんが、状況証拠的ないくつかの記録があります。丹生の地名と丹生川もそのひとつです。