読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃山堂ブログ

豊臣秀吉の<謎>、火山と古事記の探究、電子書籍への挑戦。

キリシタン大名、大村氏の城に行ったこと。大村寿司のこと。

玖島城長崎県大村市玖島)といっても、その知名度は乏しいかもしれませんが、キリシタン大名として教科書にも出ている大村氏の居城です。

城跡は大村公園、大村神社となっており、石垣が残っているだけです。

週末、実家のある長崎市に帰っていたので、花見を兼ねて、城跡に行ってみたのですが、折悪しく今年は寒さがつづいており、桜はあまり咲いていませんでした。

 

f:id:kmom:20170327132125j:plain

 

 

f:id:kmom:20170327112810j:plain

 

玖島城のすぐ近くに、大村市立玖島中学校があります。

途中で転校して、卒業はしていないのですが、私は玖島中学校に二年間、通っています。

 

小さい規模とはいえ、大名の城のそばの中学校に通学するというのは、いま考えると恵まれた環境ですが、当時は、城にも石垣にも、もちろん「石」そのものにも興味はなく、ありがみを感じることもありませんでした。

f:id:kmom:20170327113845j:plain

 

 新しく積み直したのかもしれませんが、野面積み的な石垣が大半を占めています。

史料的なことはまったく調べたことがないのですが、加藤清正の指導をうけたという伝承があります。

 

f:id:kmom:20170327132741j:plain

 

豊臣秀吉の死と海の堅城・玖島城

 

大村氏が玖島城を築いたのは慶長三年(一五九八年)。

つまり、豊臣秀吉が死んだ年であり、再び、天下が乱れ、九州においても戦いが起こる事態を想定しての築城であるという解説をみます。

 

大村氏の歴史についても、調べたことがないのですが、築城の時期と秀吉の死が一致していることには興味をひかれます。

 

f:id:kmom:20170327115937p:plain

 

玖島城の跡は現在、陸続きになっており、「島」ではなくなっていますが、もとは、海の水を堀とするいわゆる「海城」であったことが、上記復元図からも明らかです。

 

埋め立てられた堀を戻して、もう一度、「海城」の現状を復元すれば、城好きの人たちがもっと訪れるとおもうのですが、そんなムダな公共工事をやることは難しいでしょう。

 

石垣、櫓はいくらか復元されていますが、玖島城玖島城である根幹である「海城」の姿は、想像するしかありません。

 

大村氏が玖島城を築くまえに拠点としていたのは、三城城(さんじょうじょう)で、こちらはまったくの平城です。

 

玖島中学校に入学するまえは、大村市立三城小学校に一年だけですが、通っていました。

城跡は、忠霊塔といっていた神社だと記憶しているのですが、その城跡の近くに、三城小学校があります。

 

大村市に暮らしていた小学校、中学校時代は、こうして振り返ると、城まみれの日々だったわけですが、住民にとっては、あまりにもあたりまえの風景なので、ことさら、お城のことが話題になることもあまりありませんでした。

 

そういえば、私が大村市ですごした時期より、四、五年まえまで、大村氏の当主である大村純毅氏が大村市の市長をつとめていました。

 

殿さま市長とか、殿さま知事という事例はいくつかありますが、大村純毅市長もそのひとりです。

 

大名大村氏ゆかりの大村寿司

 

大村市には、大名家大村氏の伝承に由来する大村寿司という郷土料理があります。

 

客観的には、ちらし寿司を箱状にしたものでしかないと言われれば、そのとおりですが、お祝いごとには欠かせない郷土料理です。

 

とはいえ、大村市のスーパーなどでも売られているので、完全に市民生活に定着した料理です。

 

玖島城の近くには、大村寿司で有名な「やまと寿司」があります。

城跡で、しょぼい花見をしたあと、「やまと寿司」に行きました。

 

f:id:kmom:20170327121644j:plain

 

f:id:kmom:20170327133208j:plain

 

店を入ったところにあるパネルによると、美智子妃殿下、皇太子も食べられたということが紹介されています。 

f:id:kmom:20170327110420j:plain

長崎 大村寿司 | 九州の味とともに 春 | 霧島酒造株式会社

 

大村寿司の写真はおいしそうに撮影できなかったので、霧島酒造さんのサイトからの引用です。

霧島酒造さんのサイトは、九州のいろいろな郷土料理の説明があって、とても読みごたえがあります。

 

同サイトには、大村寿司の歴史も書かれており、大村のお殿様とのゆかりが紹介されています。

史実かどうかは別としても、この伝承によって、ありがたみが増すことは事実。

 

 

大村寿司は、長崎空港大村市)でもさりげなく販売されています。 

目立つ看板、旗をかかげて売られているわけではないので、すこしわかりにくいかもしれません。お土産屋さんが並んでいるコーナーの、薬類を販売しているあたりです。

 

歴史好きの人が、長崎空港を利用される折には、ぜひ、大村寿司をご賞味ください。